新宿区委託事業 「家庭訪問型子育てボランティア推進事業」           ホームスタート・二葉



                                
                                 
                             


 子育て中に、「誰かに手伝ってもらいたい」「話を聴いてもらいたい」と思うことはありませんか?   
「自分の子育てがあっているのかな」「どうやって遊ばせたらいいのかわからない」と不安に思うこともあると思います。
 地域子育て支援センター二葉は、子育てひろばや一時保育を行う施設です。
 まだ、赤ちゃんが小さくて出かけるのが難しいご家庭や兄弟がいて人手が欲しいご家庭、ご家庭でゆっくり話を聴いてもらったり、  
お子さんと一緒に遊んでもらいたいご家庭などに子育ての経験のあるボランティアが無料でお手伝いをする活動を行っています。

 地域子育て支援センター二葉は、新宿区と委託事業により「家庭訪問型ボランティア推進事業(ホームスタート・二葉)」を受託しています。



  ご利用の流れ

(1) お電話、メール、または地域子育て支援センター二葉の窓口にてお申込み下さい。

(2) こちらから「申込み用紙」をお送りします。ご記入の上、ご提出下さい。

(3) 日程調整のうえ、オーガナイザーが家庭を訪問します。お話をうかがいながら、サポート内容を一緒に決めます。
   ※オーガナイザーは、ボランティアとあなたをコーディネートします。気軽にご相談ください。

(4) ホームビジターとオーガナイザーが一緒に訪問します。
   (顔合わせ、訪問の日程を調整します)
   ※ホームビジターは養成講座(8日間)を受講した子育て(支援)の経験のあるボランティアです。

(5) ホームビジターが週に1回訪問します。

(6) オーガナイザーが訪問し、評価シートに回答していただきます。




  利用について

(1) 週1回2時間くらいを目安に、計4回程度。
 
(2) ベビーシッターや家事代行ではなく、保護者の方と一緒に行うことが原則です。

(3) 訪問中に関わったプライバシーに関する情報は、個人情報として慎重に扱い、秘密は厳守します。

(4) 利用料は無料です。



  ホームビジターはどんなことをしてくれるの?

・ お話をお聞きしたり、一緒に出かけたり、離乳食やお料理を一緒に作ったりします。

・ 年子や双子のお子さんや子どもの多い家庭のお手伝いをします。

・ 子育ての仕方を一緒に考えたり、アイデアを伝えたりします。

・ 外出の付き添い(買い物や健診等)を行います。



  利用者の声

・ 新生児訪問の時に保健師さんに紹介されて利用しました。
  赤ちゃんとの遊び方や親子で外出できる場所を教えてもらいました。

・ 日中子どもと二人きりの時間が長く、誰か大人と話をしたいと思っていたので、
  ゆっくり話を聴いてもらえてストレス解消になりました。

・ 離乳食を一緒に作ってもらい、簡単にできる食事のレシピも教わりました。

・ 下の子が生まれて上の子が赤ちゃん返りをしているところだったので、
  上の子と私がゆっくり遊べるように協力してもらいました。

・ ひろばにいくとお友だちのおもちゃを取ってしまったり、トラブルを起こすことが多くて
  困っていたのですが、ビジターさんが子どものいいところをほめてくれて自信が持てるようになりました。

・ 引っ越ししてきたばかりで地域のことが分からなかったので、一緒に病院の情報など調べてもらいました。

・ 誰かに頼ることって大切なんだと感じました。
  これから一時保育を利用したり自分の時間をうまく作れるようになりたいです。



ホームスタートの動画 URL  http://youtu.be/3FefbSxCMng


ホームスタート・二葉のリーフレットPDF



お申込み・問い合わせ先

地域子育て支援センター二葉 ホームスタート担当

住所:160-0012 東京都新宿区南元町4番地

電話:03-5363-2170 FAX:03-3359-4596

メール:hiroba@futaba-yuka.or.jp