理事長からの挨拶

2016年7月10日

 
 「神は、その独り子をお与えになったほどに、この世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」 (ヨハネによる福音書3章16節)

 これは聖書の言葉です。社会福祉法人二葉保育園はキリスト教の精神で社会福祉事業を1世紀にわたり続けてきています。この長きにわたる歩みをささえているのは目には見えませんが、私達に永遠の生命を約束してくださった神の力を信じる群れが、励まし合い、助け合って働き続けているからです。私たちは、いつの時代にも助けを求めている群れに手を差し伸べ、生命と生活を保障し、未来を共に築いていこうとしてきました。

 自立援助ホーム「トリノス」は現代社会の大きなうねりの中で、取り残されそうになったり、乗り遅れそうになった若者たちが、生きる力をつけて、自分らしい生活をつくりあげていくための施設として誕生しました。職員の専門的な支援と多くの支援者の力によって未来ある若者たちのより良い育ちの場になると確信しています。
 

s-endo
理事長
遠藤 久江
(えんどう ひさえ)