トリノスのミッション

2016年7月10日

私たちは以下のミッションステートに基づき、トリノスの運営を進めております。

 

【自立援助ホーム「トリノス」のミッションステートメント】

「使命」

 私たち自立援助ホーム「トリノス」は、様々な事情で入所した利用者たちと共に生きていくなかで、「幸せ」を感じられる心を持った人を育てることを目指します。

「目標」

  • 利用者にとって居心地のいい「家」をつくります
     清潔感があり温かみのある快適な住環境を整え、そこで生活をしている利用者の安心と安全を守ります。またホームを退去した利用者がいつでも相談をしに戻ってこられるような「心の故郷」でありたいと考えています。
  • 働くことの大切さを教えます
     利用者へ働いて社会へ貢献することの喜びを体験を通して伝えていきます。世の中の仕組みや約束事、マナーについても知識を深め一社会人としての自覚を持ってもらいたいと考えています。
  • 生活の「楽しみ」の引き出しを増やします
     利用者が生活をしていく上で、楽しみを増やす手段を一緒になって探して、一人ひとりの人生の色合いをより鮮やかなものにしたいと考えています。
  • 「レッテル」ではなく「ブランド」へ
     とかく施設で生活しているということが社会的な偏見のまなざしを受けることもありますが、それをハンデとするのではなく、施設での生活が利用者が本来もつ可能性を引き出して、その人にあった生き方を見つけることができ、そこで暮らしていることに誇りと自信を持てるように支援していきます

「行動指針」

  • 人と人のつながりを大切にします
     ホームで生活をしている利用者、退去をした利用者をはじめ、そこで出会うすべての人たちとのつながりときずなを大切にしながら、利用者の自立と将来の幸せの実現のための支援を行っていきます。
  • 自立を支援するプロフェッショナルとしての自覚を持ち続けます
     様々な困難をかかえた利用者が社会的な自立を果たし未来へむけて飛び立てるように、それを支援する職員として日々研鑽を積む努力を怠らず有機的な連携を果たせるプロフェッショナルチームとして働き続けることを心がけます。また利用者の隣で同じ方向を目指して共に歩み成長することを目指します。