組織概要
ごあいさつ
 今から110余年前、東京、四谷の路傍には放置されている多くの貧しい子どもたちを見かけました。社会福祉法人二葉保育園創設者の野口幽香、森島峰両先生はキリスト教の愛の精神に動かされ、「二葉をして愈々茂り益々栄えしめ、幾多の貧児がこの影に世の風雨を避けて、安らかに生いたつを得しむ・・・」との熱い思いで貧児のための幼稚園を創設しました。

 爾来、二葉の歩みは戦争や災害、大きな社会変動など苦難と試練の道ではありましたが、神様の御守りと多くの方々のお支えにより今日まで歩み続けてきました。この歴史を紡ぐ歩みはその任に当たる者達の大きな働きによるものですが、同時に、何時の時代にも私達を支え、お励ましくださる方々が共にいて下さったことを忘れることができません。心から感謝を申し上げます。

 明治33年1月に私立二葉幼稚園は16名の子どもたちからのスタートでしたが、現在の社会福祉法人二葉保育園は二葉乳児院、二葉学園、二葉南元保育園、二葉くすのき保育園、二葉むさしが丘学園、自立援助ホームトリノスの6つの事業所となり、子ども、女性そして地域社会を支えて事業を展開しております。

 これからも私たちは社会が必要とする課題をしっかり受け止め、二葉の歴史の誇りと社会に対する強い責任を持って歩み続けていく所存です。これまでにも増して私達の働きを覚え、お支え、お励ましいただきますように心よりお願いを申し上げます。
社会福祉法人二葉保育園 理事長 遠藤久江

<遠藤久江プロフィール>
出身: 北海道
学歴: 日本社会事業大学・明治学院大学大学院 社会学修士
職歴及び社会的活動: 沖縄キリスト教短期大学・福島県立会津短期大学(現会津大学短期大学部)・東海大学・聖隷クリストファー大学にて社会福祉従事者の教育に従事     
特定非営利活動法人 ウイメンズハウス花みずき代表・特定非営利活動法人東京YWCAヒューマンサービスサポートセンター代表・社会福祉法人ナオミの会理事・社会福祉法人豊川保育園理事・公益財団法人愛恵福祉支援財団理事・学校法人日本社会事業大学評議員等
所属教会: 日本キリスト教団深川教会

社会福祉法人 二葉保育園の概要
名称: 社会福祉法人 二葉保育園
本部 所在地: 〒160-0012 東京都新宿区南元町4番地
TEL: 03-3341-1205 / FAX: 03-5368-1969
施設: 二葉乳児院(新宿区・南元町)
二葉学園(調布市・上石原)
二葉むさしが丘学園(小平市・鈴木町)
二葉南元保育園(新宿区・南元町)
二葉くすのき保育園(調布市・国領町)
自立援助ホーム トリノス(日野市・石田)
設立: 1900年(明治33年)
定款: PDFファイル 253KB
役員報酬規定: PDFファイル 104KB
理事長: 遠藤 久江
常務理事:
武藤 素明 二葉学園・二葉むさしが丘学園 統括施設長
全国児童養護施設協議会 副会長
東京都社会福祉協議会 児童部会副部会長
理事:
河津 英彦 淑徳大学教育学部 教授
押切 重洋 学校法人成城学校 理事・事務局長
福田 敏朗 株式会社グリーンアース 代表取締役社長
都留 和光 二葉乳児院院長・地域子育て支援センター施設長
評議員:
遠藤 久江 (社福)二葉保育園 理事長
日本キリスト教社会福祉学会 常任理事
社会福祉法人ナオミの会 常任理事
河津 英彦 淑徳大学教育学部 教授
押切 重洋 学校法人成城学校 理事・事務局長
福田 敏朗 株式会社グリーンアース 代表取締役社長
都留 和光 二葉乳児院院長・地域子育て支援センター施設長
宮沢 成実 社会福祉法人愛隣会 嘱託職員
鈴木 美邦 青果商・新宿若葉三丁目町会長
磯谷 文明 弁護士
市東 和子 東京都民生児童委員連合会副会長・東京都社会福祉協議会理事
伊藤 陽子 新宿区社会福祉協議会常務理事・事務局長
鈴木 重正 日本基督教団東中野教会 牧師
潮谷 恵美 十文字学園女子大学人間生活学部准教授
金子 恵美 日本社会事業大学 教授
監事:
園 武友 東京都福祉サービス第三者評価者
乾川日出夫 税理士法人アルファ合同会計 代表社員税理士

※順不同・敬称略

個人情報保護方針: PDFファイル 342KB

二葉保育園の沿革
>>> 二葉保育園100年のあゆみ
明治33(1900) 野口幽香、森島(斎藤)峰が私立二葉幼稚園を東京麹町に設立。
明治39(1906) 四谷鮫河橋に二葉幼稚園を新築移転(園児120人)。(二葉南元保育園の前身)
明治43(1910) 園内で保母のためにキリスト教集会(東中野教会の前身)を毎週1回開催。
大正5(1916) 二葉保育園に改称。新宿に旭町分園(二葉くすのき保育園の前身)開く(園児100人)。
大正8(1919) 小学部を旭町分園に併設(生徒70人)。
大正11(1922) 小学部の公立化移転に伴い、学童保育、夜間診療所、廉売部を置く。本園に母の家設置。
大正12(1923) 関東大震災で分園焼失、本園は大破。14年再建。
昭和6(1931) 野口園長のあとに徳永恕就任。
昭和7(1932) スラム向けに5銭食堂、また夜学生に弁当をつくる。
昭和10(1935) 財団法人になり、理事長に徳永恕就任。深川海辺町母子寮を設置(65世帯)。
昭和20(1945) 東京大空襲で深川母の家を焼失し21人死亡。本園も被災し、旭町分園のみ残る。
昭和21(1946) 旭町分園中心に事業を再開し、乳児部も開始(二葉乳児院の前身)。
昭和22(1947) 調布市上石原に分園設立、母子寮と養護部(二葉学園の前身)を置く。
昭和25(1950) 南元本園再開(保育園43人、乳児院15人、母子寮10世帯)。
昭和26(1951) 上石原分園焼失、再建(母子寮をやめ、養護部50人)。
昭和31(1956) 南元本園に母子授産の家開設。38年廃止。
昭和39(1964) 社会福祉法人になる。
昭和43(1968) 上石原分園を改築し、養護部を二葉学園と改称。
昭和48(1973) 徳永理事長永眠。梅森公代理事長就任。
昭和52(1977) 旭町分園を調布市国領町に移転し、二葉くすのき保育園として発足(園児100人)。
昭和56(1981) 二葉学園に第1分園設置、グループホームの試行を始める。
昭和61(1986) 二葉乳児院養育家庭センター開設。二葉学園第2分園設置。
平成12(2000) 二葉乳児院で新宿区の子どもショートスティ事業開始。
平成14(2002) 二葉乳児院老朽化により全面改築。
平成15(2003) 二葉学園が狛江市の委託を受けて子どもショートステイ事業を開始。
二葉学園が地域小規模養護施設を開始。定員6名。二葉学園第3分園設置。
二葉乳児院が新宿区の委託を受けて、地域子育て支援センター事業を開始。
平成17(2005) 二葉学園に第四分園設置。
平成18(2006) 天皇皇后両陛下、二葉南元保育園および二葉乳児院をご視察。
二葉学園第5分園設置。
野口幽香賞を創設し、里親制度の推進に貢献した鈴木祐子二葉乳児院長に贈呈。
平成21(2009) 遠藤久江理事長就任
平成22(2010) 二葉むさしが丘学園 移管設置
平成25(2013) 二葉学園本園舎 改築
平成26(2014) 二葉南元保育園・法人本部 園舎改築
平成28(2016) 自立援助ホーム トリノス 開設
平成28(2016) 二葉むさしが丘学園 改築完了(平成26年より三期工事)
法人本部:連絡先