食事について

給食について

子どもにとって、給食は心と体の健康な育ちのためにとても大切です。
小さい子どもたちは味覚に敏感です。素材の味を生かすため、また乳幼児期はおいしい味を感じる時期なので、なるべくうす味にしています。

食品は安全で良い材料を選んでいます。

お米は有機胚芽米、野菜の根菜類は有機農法のもの、調味料は有機農法の素材のものを使っています。

おやつ

おやつはできる限り手作りで、またお菓子類に関しては自然食品のものを使用しています。

献立は、離乳食、乳児食、幼児食があります。

乳児の食事

乳児期においては、子どもたちが一度にたくさんの量が食べられません。 二葉くすのき保育園では一日の食事を4回食と考え保育園で2回食事がとれるようにしています。

離乳食は、準備期、初期、中期、後期、完了期の5段階で進めて行きます。
1・2歳児混合クラスの後半まで、2回食を行います。その後おやつに移行します。

アレルギー対応

食物アレルギーのあるお子さんに対しては、医師の診断書と除去食の指示書を提出してもらい、保護者・担任・栄養士・看護師と面談し密接な連携を取りながら進めていきます。

離乳食

初期食
中期食
後期食

完了食

離乳食講習会

離乳食講習会の様子

参加者も試食

食育

田植え
田んぼに案山子
一粒ずつもみ取り
夏野菜について栄養士から話を聞いています