事業概要/二葉学園の歩み

事業概要

1. 名称    二葉学園

2. 経営主体  社会福祉法人 二葉保育園

3. 理事長   遠藤 久江(平成21年就任)

4. 組織    理事6名 評議員13名 監事2名

5. 施設長   小倉 要(平成24年4月1日就任)

6. 所在地   東京都調布市上石原2-17-7

7. 施設種別  児童福祉法による児童養護施設

8. 認可    昭和23年 1月1日

         昭和56年 6月 グループホーム第一分園設置(57年都試行認)

         昭和61年11月 グループホーム第二分園設置(62年都認可)

         平成14年 4月 第一分園地域小規模児童養護施設に移行(14年国認可)

         平成16年 1月 グループホーム第三分園設置(16年都認可)

         平成17年 4月 グループホーム第四分園設置(17年都認可)

         平成18年10月 グループホーム第五分園設置(18年都認可)

         平成19年 4月 地域小規模児童養護施設第六分園設置(19年国認可)

         平成19年 4月 東京都専門機能強化児童養護 施設として認可

9.対象児童   2歳から18歳(20歳未満まで可)までの男女児童

         定員52名(本体施設40名、地域小規模施設12名)

その他、     狛江市子どもショートステイ事業 定員2名

         府中市子どもショートステイ事業 定員2名 

         多摩市子どもショートステイ事業 定員1名

10.運営基本方針

(1)子どもの最善の利益を追求する施設運営をめざします。

(2)民主的かつ組織的連携強化による運営をめざします。

(3)学校および児相相談所、地域社会との連携を強化し、社会的に
   開かれた施設運営の実践をめざします。


11.職員構成 

    園長、事務、栄養士、調理員、児童指導員、保育士
    臨床心理士、治療指導員、嘱託医、嘱託精神科医



二葉学園の歩み

明治33年 麹町番町に私立幼稚園創設

      (創立者 野口幽香 斉藤峰)

昭和22年 調布上石原に母子寮と養護施設を分園として創設

昭和25年 創立者 野口幽香永眠。徳永恕理事長就任

昭和26年 調布上石原分園焼失、再建養護50名

昭和31年 上石原増築、南元母子授産の家創設

昭和37年 調布上石原全面改築、母子寮廃止する

昭和39年 社会福祉法人となる

      村岡末広園長就任

昭和43年 調布上石原分園移転鉄筋改築、二葉学園と改称

昭和48年 徳永恕永眠、梅森理事長就任

昭和56年 二葉学園に分園(グループホーム)創設

昭和60年 小坂和夫園長就任

昭和61年 二葉学園に第二分園開設

平成 3年 園武友園長就任

平成 4年 二葉学園大規模改修、小舎制養護開始

平成 9年 第二分園自立的取組

平成12年 武藤素明園長就任

平成13年 二葉創設100周年記念式典、展示会の開催

平成14年 二葉学園 狛江市ショートステイ事業開始

平成16年 二葉学園第三分園(すみれホーム)を市内下石原に開設

平成17年 二葉学園第四分園(アスター)を市内飛田給に開設

平成18年 二葉学園第五分園(けやき)を 府中市に開設

平成19年 二葉学園第六分園(菜の花)を 府中市に開設

平成19年 二葉学園 府中市ショートステイ事業開始

平成19年 東京都専門機能強化児童養護施設の認可

平成20年 二葉学園60周年記念事業

平成21年 遠藤久江理事長就任

平成24年 武藤素明統括施設長就任、小倉要園長就任

平成25年 本園改築竣工

平成26年 新本園完成

平成28年 二葉学園第二分園(コスモス)改築

平成29年 二葉学園第七分園(あじさい)を市内調布ヶ丘に開設


↑ページトップへ